FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニラ君の事

5月にお空へ旅立ってしまったうちの猫。
名前を「バニラ」といいました。


この子はツキネコカフェさんから2012年5月にお迎えした猫です。
お店では「バニラ君」と呼ばれていたのでうちでもそのままバニラ君になりました。



可愛くって甘えん坊でお客さんの人気者でしたが白血病キャリアのためかなかなか里親さんが見つかりませんでした。

私は当時ペット不可の物件に住んでいたのですがバニラ君が可愛くって可愛くってついペット可物件に引っ越して迎え入れてしまいました(^^;


白血病キャリアにはもちろん不安はあったのですが…。


元気で甘えん坊で食いしん坊でいつも笑わせてもらいました。


そんなバニラ君はうちに来て3ヶ月くらいした頃から時々ふらつくようになりました。

それはどんどん酷くなり…


大学病院で診てもらいましたが原因は判明せず、かかりつけの病院の先生によると白血病ウイルスがもしかすると何らかの影響を与えているのかもしれない、との事でした。

治療法もなく、一時は毎晩のように痙攣も起こし危険を感じましたが

何故かその後落ち着きました。



体のバランスがうまく取れない状態は続いたものの歩くのが上手になり、痙攣も起こさなくなりました。

日々元気でもしかしてこのまま回復するんじゃ?
長生きしてくれるんじゃ?と期待していました。



今年の3月下旬より何だか少し元気がないように感じました。
いつも食いしん坊でごはんの時間の1時間前からニャーニャー大騒ぎする子が静になり、ごはんも少しずつ残すようになってきました。

以前も一度口内炎で食欲を失ったことがあるのでもしかして…と思い病院へ行きました。

でも、診察の結果は


白血病の発症…貧血を起こしているとの事でした。

処方された薬を一週間与え再診に行きましたが検査の結果は厳しいもので余命一週間を宣告されました。

後は家でゆっくりさせてあげた方が良いでしょうと言う勧めで流動食だけもらい病院を最後にしました。

シリンジで流動食を飲み、スープを少しだけ舐めお水を飲む。


そんな一週間が過ぎバニラ君は私の目の前で息を止めました。


自分の選択肢に間違いはなかったか…迷いと後悔は尽きませんがもうなにも出来ません。


あの子に与えてもらったのはとても幸せな時間でした。あの子はどうだったんでしょう?



ねぇバニラ君、幸せだった?
スポンサーサイト
プロフィール

hitomi

Author:hitomi
保護猫カフェでお掃除ボラをしたり、猫のお預かりボラをしたりしています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。